スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔7ヶ月その4〕転院、そして

7m4.jpg



前回、だんなに向かってああも言い切った私ですが、
やはり不安は付きまとっていて。
検診前日はろくに眠れず、けっこうへろへろで臨んだんですが、
それも吹き飛ぶ安堵感でした。


「もしかしたら帝王切開になるかも」(※1)
「危険な状態で生まれて、後々後遺症が残るのかも」(※2)
「生後すぐから手術跡をつけて育つことに…」(※3)
などといろんな怖い想像をしていましたが、
先生は丁寧に診て下さった上で、こちらの不安を取り除く形で
一つ一つ説明を繰り返してくださって、
おかげで子に生命の危機が急迫している状態ではないことを
理解することができました。


て、転院してよかった…!!


(※1…私自身は帝王切開で出産することは、子が無事であるならまったく意に介しませんが、帝王切開が必要なほど、子が急を要する事態になることは怖いのです。帝王切開での出産は否定していません、私も帝王切開で生まれてますし)
(※2…子に苦しい思いをしてほしくない一心であり、決して現在後遺症で苦しむ子達を否定していません)
(※3…もちろん現時点でも生後すぐの手術の可能性は0ではありませんが…)





それはやはりだんなも同じだったようで、
検診までの半月間、胃がきゅうっとなって
(本人談、「夏バテだ」ってごまかしてたけども)
ろくろく食べられなかっただんなもすっかり落ち着きを取り戻し、
この後は一緒に美味しく昼ごはんを食べることができました。
(↑食い気魔人の喜び)



もちろん未だその空洞がなんなのかは不明なのですが、
先生も悪いものではないであろうことを強調しておられるし
(「危なかったら危なそうに言います」と先生談)、
私はこれを「宝貝を抱えて生まれてくるんだ」と決め付けて、
きっと良い事の徴だと思っています。



子の成長も標準より大きいくらいで、空洞以外はいたって元気!
とのお墨付きをいただきました。
よし育て!私も頑張る!












にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

〔8ヶ月その1〕体重増加…PageTop〔番外〕出産準備品買出し紀行3

コメント

コメントの投稿

 管理人だけに表示する

プロフィール

こう


こう0w0

片田舎に住む主婦です。
のんべんだらりを身上に育児満喫中。

(千鳥文様は夫婦円満や家内安全を願う紋なんですって奥様)

このサイトについて

カテゴリ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事
最新コメント
オススメブログ様
参加中!

↓参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

すくパラ倶楽部

access counter

total access:
access now:

検索フォーム

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。