スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔2ヶ月その4〕2度目の出血…

2m4.jpg



なんともありませんでした。
この後、遅刻の連絡を入れておいた職場に行き、普通に仕事をしたのですが、動揺していたせいか帰るときになって鍵束を忘れて行ったことに気づき、うっかり家に帰れないという事態に。
どんだけ焦ってんだって言う話です。(旦那の職場に行って鍵を借りて事なきを得ましたけど)


しかし、前述のとおり「体内に何か不安な弱いものを抱えている」という認識は常に自分を心配性にさせるものですね、口にするもの、行動すること一つ一つに何か重大な責任がのしかかっているようで毎日毎日ひやひやしっぱなしでした。
それは今でも若干継続中ではあるのですが。

産まれてきたあとも、きっとこんな感じで毎日毎日ひやひやとハラハラの連続なんだろうなあ、とぼんやり思います。心配性+神経質バンザイ…。


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。
スポンサーサイト

〔2ヶ月その3〕出血…

2m3.jpg


まさかの出血。いや、ほんとに極微量だったんですけどね。

正直この頃は、胎動もなければお腹も出ていないので、微妙なつわりくらいしか「妊娠」を自覚・認識する術はなかったわけなんですが、それでも常に「腹の中に崩れやすいゼリーか何かを入れている状態」という感覚でおりました。

そのゼリーはうっかりするとお腹の中で崩れてしまったり、溶けてしまったり、何か変なものが混じり込んでしまって濁ってしまったりするのではないか、そうなったら取り返しがつかないのではないか、そんな風に考えて些細なことにもナーバスになっておりました。


そんな矢先の出血。

職場からあわててだんなに連絡を取り、速攻病院へ行きました。
診断は「なんともなし」。安心して家でごろごろしました。

…が、やっぱり怖いことは繰り返すもんなんですね。(つづく)


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

〔2ヶ月その2〕つわり襲来。




とにかく
ひもじい」「食べたい」「何なら食べられるか
ばかり考えていたつわり期間。

幸いにも気持ち悪いものの吐いたりするほどでもなく、
午前中は比較的普通に生活できました。
ただ、食べ物を食べるといきなり胃が重くなり、
何故か連動して体力まで奪われる始末。
夕方にはどっと疲れが出たように(←疲れるようなことは何もしていない)
だるくなり、体も痛み、布団に臥せっていることが多くなりました。

食事量は激減。
1人前が食べられず、特に米は小さな茶碗1杯が食べられないので
一口~半杯だけ。(ご飯好きなのに…)
つわり妊婦の定番・酸っぱいものは元から嫌いなので食べられず、
しかしだからといって今まで好きだった甘いものやクリーム系、
辛いものやこってりしたものも受け付けず。
さらに嗅覚が異様に敏感になって、にんにくの匂いやちょっとした生臭さで
気持ち悪くなり、料理をする匂いさえも駄目になりました。

そんな中だんなは自分の仕事が終わった後に買い物をして
私の食べられそうなものを作り、後片付けまで…。

世の奥方からしたらきっと最強に恵まれた環境にいたであろう私は



やっぱり食い物のことしか
考えていませんでした。




「何を食べたら気持ち悪くならないか」
「今までどおり1人前食べられるものは何か」
「つわりがあけたら何を食べたいか」
「そもそもいつになったらあけるのか」
ばかりを布団の中でもんもんと考えておりました。

つわり期食い気魔人への変身期でした。


美味しくご飯が食べられるっていうのは、幸せなことですね…。




***
余談ですが、私は母から
「私のときはつわりは全然なかったわ!
むしろ食べたくて仕方なかったのに姑(祖母)が炊飯器の蓋を握っていたから
お代わりが出来なくて。ひもじかったわー」
と聞かされていたので
「じゃあ自分もつわりは軽いか無いかだな!」と思い込んでおりました。
(しかし母も食い気魔人だな)
その話を後日母にしたら

あら、そりゃ多少は気持ち悪くなったわよ?吐いたし。

なんという後出し!!。・゚・(ノД`)・゚・。 油断してた!



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

〔2ヶ月その1〕妊娠!




というわけで妊娠しました。


いえ、欲しかったんです。
でもまさかこのタイミングでできると思ってなかっただけなんです。
うれしいんです。
でもまさかこのタイミングで個展なんか開催されると思ってなかっただけなんです。
悔しいんです。(※でも子のせいにして恨み節を語るつもりはないですよ?)

ちなみに東京での予定(計画段階)は下記のもの。
夜行バス(9時間)→東京着→ネット喫茶で休憩→会場へ→たぶん2~3時間は軽く並ぶ→満喫して会場をあとにする→東京在住の友人とご飯食べる→夜行バスで帰る(9時間)
うん、普 通 で も 無 理 ☆ (なお、「会場で2~3時間並ぶ」はあくまで私の想像でしかなく、実際の個展開催時はさらに数時間待ちの行列+大幅な入場方式の変更などによる混乱で、そんなもんじゃ済まなかったと聞きました。どっちみち行っても見られない可能性のほうが高かったわけです。子が止めてくれたんでしょうか。)


***

さておき、妊娠というものは不思議なもので、それまでの生活を一変させるに足る
すごいエネルギーを持っていますね。
自分自身がこれまで意識もしたことのない感覚や考え方はまさしく異次元で、
これからのことを考えると不安な気持ちになったりワクテカしたり。
「我慢」とか「断念」もそのひとつ。意志の弱い・誘惑に弱い自分が
こんなにもあっさりと「子のため」と何かをあきらめることができるとは、と
正直軽い感動さえ覚えました。

まだ顔も見ぬ、名もない高エネルギー生命体は、これから数ヶ月にわたり
私とだんなを翻弄してくれるという、そんな幕開けの話。

Top

プロフィール

こう


こう0w0

片田舎に住む主婦です。
のんべんだらりを身上に育児満喫中。

(千鳥文様は夫婦円満や家内安全を願う紋なんですって奥様)

このサイトについて

カテゴリ
カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事
最新コメント
オススメブログ様
参加中!

↓参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

すくパラ倶楽部

access counter

total access:
access now:

検索フォーム

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。