スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔出産その9〕出産とそれにかかる心配

b09.jpg



そんなわけで無事に産まれました。


実は最後ら辺、若干娘の心拍が下がりかけていたので
お腹押し+会陰切開+吸引になっちゃったんですが、
それでも元気に産まれてきてくれました。


「カンガルーケア希望」とバースプランに書いておいたので
助産師さんが早速私の胸に娘を乗せてくれたのですが、
うつ伏せにべちゃりと乗っけられた娘の顔が胸の間に埋まって
窒息させそうで気が気じゃなかったと言う有様。
カンガルーケアってなんかこう…もうちょっと…キラッキラしたもんだと
勝手に思ってたんですけどね…。

…乗っけられる側の問題か…。





たかだか半日のことを書くのに1ヶ月もかかってしまいました。
ようやく一区切り。遅!
だらだらと長いこと出産レポを書いててすみません!(ジャンピング土下座)



*   *   *   *   *

全然関係ないですが、一区切りついたところで近況です。

何とか1ヶ月弱娘の世話をしてますが、
…ほんとに、生まれるまでは「早く生まれないかなー、会いたいなー」と
思っていたくせに、いざ生まれてしまうと「腹の中に戻ったりしないかなー」
などと思ってしまいます。
新生児のお世話ってほんとになんていうか、こういうと怒られそうですが
「育児」って言うよりは「飼育」って感じですね。


娘は、多分世の中で言うところの「手のかからない赤ちゃん」で、
それはもう楽なものなんだと思います。(比較対象がないものですみません)
よく飲みよく寝て、そんなに暴れず泣き喚かず。

後は私がどうかって話ですけど。

「ビクッてなるのはただの反射」(モロー反射)
「ニコって笑って見えるのもただの筋肉の動き」(新生児微笑)
「手を握ったりするのもただの反射」(把握反射)
「目はほとんど見えてなくてこっちを目で追ったりしない」
とか、なまじっか色々調べてしまったせいで、
現物が目の前で動いたり笑ったりしても
なんだか寂しい気持ちになってしまったり。

夜中起きるのはそこまで苦じゃないんですが、赤ちゃんの泣き声で
周囲(手伝いに来てくれていた実母や義母、だんなやねこ)が
起きてしまうことへの焦りや、上手く泣き止ませられないことへの
自信喪失でちょっと凹んでしまったり。

その他もろもろ込みで、出産後の体力低下やいろんな精神的な疲労から
過食に走ったりしましたが、まあ何とか皆様に支えられて
元気に過ごしております。

ブログにもたくさんの方にお越しいただき、
記事でご紹介を頂いたり、応援ポチや暖かいコメを頂いたり、
妊娠・出産ランキング最高位3位まで入ることが出来ました。
部屋の中で世の中と隔絶された(引きこもり万歳)毎日を送る中、
唯一ここで皆様とつながっていられる喜びを日々噛み締めております。

あらためまして、本当にありがとうございます。

これからもぬるいペースではありますが
育児も漫画も頑張りますので、変わらぬご愛顧をお願いいたします。


さて、ブログ村の登録カテゴリ、「妊娠・出産」から
超激戦区の「乳児育児」に引っ越しますか…。







にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

※ランキング4位!ありがとうございます!※
スポンサーサイト

〔出産その8〕いよいよ出産の流れ

b08.jpg




「いきんでもいいから耐えろ」って何でしょうね…我ながら。


いや、でもまさかこんなに早く産む流れになると思ってなかったんです。
「この陣痛に耐えながら、もっと痛くなる(さっきの最強痛みたいなのが
バンバン来る)のをきっと夜くらいまで待たされるんだろう」と
勝手に決め付けておりました。


なんとなく、お産って夜のイメージありません?

そんな思い込みのせいで、まさかこれでもう出産と言うことになるとは
思っていなかったんです…。


お産用のガウンを着た助産師さんやマスクに手袋着用のお医者さんが
ばたばたと慌しく動いていた辺りで

「あ、やば、これお産だ!!」

と気付かされた次第で。(遅っ)


ここまで、陣痛からわずか4時間ほどしか経っておりません。
なんというスピード。








にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

※ランキング4位!ありがとうございます!※

〔出産その7〕陣痛と冷静の間

b07.jpg


無事に陣痛室から分娩室へと通されまして。
横に付き添っているだんなと、割と平静を装った会話をしていたわけです。

だんな「痛いとき、マッサージとかさすってほしいとか言ってな?」
私「あ 無理、痛いときはむしろ触んないでって感じ」
だんな「(´・ω・)…わかった」
私「それより手握ってると危ないよ(だんなが手を握っててくれた)、
 出産時の妊婦の瞬発力は青竹を割る握力だと聞いたことが」

だんな「………うん、でも割っていいよ」
私「いや、握らないようにしてるし…まあ気をつけといて」


助産師さんも笑うわ。




さっき聞いた産声の主(のお母さん)はとても安産だったと言うことで。
ええそりゃあ非常にあやかりたいです。

でも「静かなお産」ってー!?

痛みにはめっぽう弱い、打たれ弱さに定評のある私ですので
きっと産む瞬間なんかは泣くは叫ぶは大変なことになるであろうと
踏んでいたのですが、さすがに本日3人目にしてそんな有様では
病院のスタッフさんも呆れようと思われ、とりあえず痛みに耐えつつも
叫ばないようにだけはしようと心に誓ったわけです。



…後で知りましたが、その前のお二方は経産婦だったようです。
初産、私だけかい!!


※おわび※
現在2日に1回の更新ペースでお送りしていますが、
若干遅れる可能性が出てまいりました。
気長にゆるくお楽しみいただけましたら幸いです。






にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

※ランキング5位!ありがとうございます!※

〔出産その6〕降って湧いた最強の陣痛促進剤

b06.jpg


陣痛が2~3分間隔になったのを受け、陣痛室に通されました。
目と鼻の先に分娩室があり、そちらから何がしか慌しい声を聞きながら
陣痛に耐えていたわけです。


陣痛室に通されて程なく、分娩室の方から産声が!
なんと私と平行して(少し先んじて)の、お産の真っ最中だったようです。


「おお…おめでたいことだ…私も数時間後には…」とぼんやり思っていたのも
束の間、たった今治まったと思っていた陣痛が
突然最強レベルで襲ってきました。


さすがにビックリした。


赤ちゃんの産声がまさか超強力な陣痛促進になろうとは
想像だにしておりませんでした。


しかも更に目と鼻の先に新生児室。

連鎖反応か、泣き始めるほかの新生児たち。

阿鼻叫喚の中更に阿鼻叫喚の私。


とどめの連鎖反応で、腹の子の胎動。
(陣痛の最中にも胎動ってあるんですね…知らんかった)

最強キックの連発でさすがに
ちょっと彼岸を見る事が出来る痛み
を味わいました。



いやー…多分時間にして数分だったと思うんですけど、
あの陣痛の山は本気でやばかったと思います。
(助産師さんたちは笑いながら「それが良かったのねー」とかおっしゃってましたが)



(つづく)



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

〔出産その5〕陣痛の間隔と受け流し方とパンと私

b05.jpg



画面の携帯メモは、その日の実際の陣痛間隔です。



「陣痛は力を入れて耐えてはいけない」
と聞いておりまして。
手は握らずに開き、目も開け、呼吸はろうそくの火を吹き消すようにふうふうと、
の3ポイントを押さえて陣痛を乗り切っておりました。
(※それが「ノーガードで受け流す」の意。)


で、陣痛が来るたび携帯を開いて時間を入力していたんですけど
コロン(:)を入力するのがめんどくさくて数字のみで記入していたら
なんかどことなく軍隊風味
「隊長!ヒトフタサンマル、陣痛来ました!」的な。(何の部隊だよ)


そんなことをぼんやり考えていたら、だんなが買い出しから戻ってきてくれまして。
朝ごはんが芋けんぴだけだったのでさすがにということでパンや飲み物を
差し入れてくれました。

この日、なんか知らないんですけどとにかく朝からものすごくお腹がすいていて、
実はだんなを待つ間にもちょっと手持ちのお菓子をつまんだりしていたんですけど、
買ってきてもらったパンももりもりと食べられました。
体はもう本能的にお産の準備でもしてたんでしょうかね。


が、だんなの買ってきてくれたパンをもしゃもしゃ食べている間にも陣痛が来て、
口の中パンでいっぱいで、しかもぱっさぱさになってる時に呼吸法で耐えると言う
ちょっとした苦行をやっておりました。何で私ひとりでハードル上げてるんだ。



でもピーナッツクリームのコッペパンは美味しかったです☆(食い気魔人健在)
(続く)



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ
↑ブログランキング登録してます。興味がありましたらクリックお願いいたします。

Top|/Next>>

プロフィール

こう


こう0w0

片田舎に住む主婦です。
のんべんだらりを身上に育児満喫中。

(千鳥文様は夫婦円満や家内安全を願う紋なんですって奥様)

このサイトについて

カテゴリ
カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事
最新コメント
オススメブログ様
参加中!

↓参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ

すくパラ倶楽部

access counter

total access:
access now:

検索フォーム

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。